共立支店の周辺です

CSネットワーク 共立支店の周辺です。

DSCN0260-2

 

 

 

 

 
至近の五香(ごこう)駅は徒歩2~3分です。
DSCN0255-2

 

 

 

 

 
駅前の歩道で文字が書かれた木の根っこを見つけました。果たして何でしょうか?

DSCN0263-2

 

 

 

 

 
支店から駅までの間に桜並木があり、春は綺麗です。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

ちょっと見つけてしまったのです!

京成千葉駅前の歩道にある車止めのポール。近付いて見るとそこには・・・・
ポールの天辺には何と金色(こんじき)に輝く落花生。
落花生は千葉県の名産! 剥き始めたら止まらなくなる程美味しいンです。

落花生

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

飲酒運転事故に懲役17年の判決

先月出された「事故当時未成年だったドライバーが当時17歳の少女2人をはねた上、 1人を数百m引きづり死亡させてしまった」飲酒運転事故の判例です。

地方裁判所、高等裁判所共に殺意を認め懲役17年を言い渡し、最終的に 最高裁判所も元少年側の上告を退け懲役17年の判決が確定したとの事です。

忘年会シーズンを迎えお酒を飲む機会が増えますが 、例え少量でもお酒を飲んで運転することは絶対に止めましょう。
※自動車のみならず自転車にもご注意を!
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/insyu/insyu_bassoku.htmcar

カテゴリー: 社会 | コメントは受け付けていません。

乾燥機内で洗濯物が自然発火!

洗濯後、乾燥機内に放置した洗濯物が出火原因となる火災が増加しています。 乾燥終了後、数時間経ってから発火するケースもある様です。

終了後は乾燥機から出し広げて熱を逃がしてやらないと 条件により自然発火する事がありますので呉々もご注意を。

アイロン懸けが終わった後の衣類も同様ですのでご注意下さい。kaden2

カテゴリー: くらし | コメントは受け付けていません。

交通事故を無くす為には結局・・・

不幸な事に自動車とか自転車に起因する悲惨な事故が、毎日の様に起きています。
今日も首都高速の多重衝突で、2名の方が命を落とされてしまいました。
(ご冥福をお祈り申し上げます。)
衝撃安全性の高いボディだから少々のスピードは大丈夫、高価な自転車なので車と同じ位のスピードで走らないと意味無い、保険に加入しているから事故を起こしても腹は痛まない、と中には途轍もなく大きな勘違いをしている人が居る様に思えてなりません。
事故で被害に遭われた方の失う物は余りに大きく、また加害者側もその後の人生を台無しにしてしまうかも知れません。
交通事故の無い社会を目指し、ドライバー(サイクリスト)一人一人が細心の注意を払い運転する事が何より大切と思います。

カテゴリー: 社会 | コメントは受け付けていません。

自動車事故とヘッドライト

自動車運転中、昼間でもヘッドライトを点灯していると
他車或いは歩行者から認識され易くなり事故率が低減するのだそうです。

アメリカの大陸横断バス「グレイハウンド」はハイウェイ上の
事故増加に悩まされ、数十年前より励行しているとの事。

アメリカ国内で販売される自動車は(州により違いがあるかも知れません)、
エンジンを掛ければ無条件にヘッドライトが点灯される設定となっています。
(ヘッドライトのON/OFFスイッチ自体が無いのです。)

日本の場合は、高速道路だけでなく
街中における歩行者との接触事故も多く
社会高齢化と共に増加している白内障(視力が大巾に低下する様です)の
歩行者の方々にも配慮する必要があります。

晴れている日の昼間はどうも?と言う方も
雨の日とかドンヨリと曇った日にはヘッドライト点灯をお奨めします。
夕方の早めの点灯は勿論です。

IMG_5842

 

 

 

 

 

カテゴリー: くらし | コメントは受け付けていません。

無差別的な犯罪行為が増えている!

先日、千葉県内でスーパーの商品に針を混入させる事件が発生しました。怪我人が出なくて何よりでしたが、万一飲み込んだり、口に刺さったりしたら、大変な事でした。

その他にも、練馬区でも小学生が校門の前でナイフで襲われる事件が発生するなど、予告なし(予告すれば良いと言うものではないのですが・・・)に何も関係のない市民が被害に遭う事件が増えているように感じます。

いきなり襲われたら、いくら気を付けていても防ぎようがないのが実態です。
防御にはなりませんが、せめて傷害保険に加入されることをおすすめします。
 

カテゴリー: 社会 | コメントは受け付けていません。

「熱中症」を予防しよう。

(ちょっと強引ですが・・・)「冷し中華はじめました」の張り紙を見かける時期になると、熱中症の話題がニュースでよく取り上げられます。子供の部活動中や体育の授業中に集団で熱中症になるケースや室内でも高齢者が熱中症になるケース等、毎日のように耳にしますし、最悪の場合には死に至ることもある怖い症状です。
 
予防はなんといっても、定期的な水分・塩分補給と日頃から疲れを貯めない体調管理との事。
ちなみに、熱中症が原因で入院や通院した場合に補償される傷害保険もあります。

necchuushou-1

カテゴリー: くらし | コメントは受け付けていません。